未分類

どう生きるかで自尊心を育んでいけば、今よりもっと幸せになれる

 

「どれだけ多くの知識を持っているかより、どう生きるかによって自尊心を育んでいくほうがずっと幸せになれる」

 

この文は、僕が以前つけていたノートに書かれていました。僕は本を読んで共感したことは、ノートへ書きまとめるようにしているんです。

そこで、今回はこの幸せのヒントが書かれてある文を読んで、僕なりの解釈をまとめてみました。

知識を蓄えるだけでは、なんの成果も見込めない

どれだけ多くの知識を持っていても、僕は自尊心は育めないと思います。

本を読んで、セミナーに参加して、知識が蓄えられたら、もちろん自信が付くとは思います。でもそれは瞬間的なもの。付け焼刃に過ぎず、一瞬の幸せこそ感じれど、長続きはしないのではないでしょうか。

だから、自尊心を育み、幸福感を得るには、知識を蓄えるのと同時に「+α」のなにかが必要なんです!

どう生きるか=どう行動するか、だと思う

そして、その+αこそが「行動に起こす」ことだと思います。

コミュニケーションが上達する本を読んだだけで満足していませんか?

コミュニケーション上達のノウハウはわかりました。では、次に行なうべきことは何でしょう?そう、実際に人と会って「実践してみる」ことです!

知識があるだけでは宝の持ち腐れです。お宝(知識)は、活用し、どのように行動するかで、初めて価値(幸せ)を見い出せるんです。

ついでに言うと、実際に行動に移せたというだけでも、自分に自信がつきます。

成功したかどうかなんて関係ありません。行動したという事実にこそ、価値があるんです。

せっかく知識があるんですから、その知識を自分・もしくは誰かのために使わないともったいないですよね。

 

まとめ

「知識を蓄えているだけではダメだ。その知識を使って行動に起こすんだ。そうすれば自尊心を育めるし、幸せにもなれる」ということを説明してきました。

ちなみに、僕は得た知識を活かし、初めてメルカリに商品を数点出品してみました!この行動がきっかけで、誰かの幸せにつながることを期待しています。

 

今回ブログにまとめたいことは、これくらいです。それでは。

 

あとがき
実は、今回紹介した文を書かれていた本がわからないんですよね。すごくいい事が書かれているのに、肝心の本がわからない・・もどかしいです(笑)。どなたか読んだ覚えがあれば、ぜひ本のタイトルを教えてください。
RELATED POST