今の自分を超えたいなら、ヒロアカを見るといいよ

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!

「僕のヒーローアカデミア」のデクくん、無個性なのに諦めないで努力を続けていて、嫌いになれないです。

アニメだと二期の2クール目に入って、急激な成長を遂げそうです。

そんなデクくんを見て思ったのは、「デクくんはずっと思考を続けてきたから、いま急激に成長してるんだよなぁ」ということ。

今の自分を超えるには、「自分のアタマで考える」ことが必要

ここでの「超える」とは、「成長する」という意味で読み進めていただくと、より深く記事の内容が理解できます。

デクくんは、子どもの時から自分のアタマで考えてきた

デクくんは幼い頃からヒーローに憧れていて、現役ヒーローの特徴や、自分のヒーロー像などをノートに書き込んでいました。

その成果として、アニメ1期の実戦訓練のときには、同級生の中で群を抜いた実力を誇っているカッちゃんの攻撃(右手のパンチ云々)を研究してかわしています。

この攻撃をかわせたのは、デクくんが「自分のアタマで考えてきた」からだと思います。

カッちゃんの動きを「よく見て」「研究して」、なにが1番の対処法か「考える」。常に思考を続けていないと、「よく見る」だけで終わってしまいます。

自分のアタマで考え続ける = 柔軟な思考を持てる

アニメ2期の職場体験編ではグラントリノと実戦形式の訓練を行ない、そこでもデクくんが自分のアタマで考え、成長を遂げています。

  • 「どうすれば素早いグラントリノを捕まえられる?」
  • 「どうすれば時間が稼げる?」
  • 「どうすれば”ワンフォーオール”をもっと扱いこなせる?」
  • 「どうすれば、どうすれば……」

常に考え続けてきたからこそ「柔軟な思考」が持てる。柔軟な思考が持てるから、どんな障害が待っていようと、いろんな案が浮かんで乗り越えることができ「成長」できる。

まさに「今の自分を超えるために、自分のアタマで考える」です!

アニメの世界だけの話じゃない

そしてこれはアニメの世界だけでなく、現実の世界でも同じことが言えます

現実の世界でも、自分のアタマで考えることなくして成長はできません。身の回りに「この人いろいろと機転が利いてすごいなぁ」と思う人がいるなら、その人はずっと思考を続けている人です。

もちろん知人や会社の上司からアドバイスをもらうことはあるかもしれませんが、そのアドバイスを吸収・咀嚼するためにも、自分のアタマで考えることは不可欠です。

最後に

デクくんを見ていると、成長するために努力はもちろん大事ですが、それと同様に自分のアタマで考えることも大事なんだと再確認させられます。

このブログのコンセプトである、「自分のアタマで考えて、自分なりの意見を持つ」

まだまだ未熟ですが、デクくんを見習って、僕も成長していきたいです。

今回ブログにまとめたいことはこれくらいです。それでは。

ヒロアカ本当に面白いです。体育祭篇の時とか最高に熱かったです!

今日の教訓
自分のアタマで考え続けることで柔軟な思考が持つことができ、今の自分を越える(成長する)ことができる!

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!