僕が思う「聞き上手」な人の4つの特徴

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!

「スポンサーリンク」

僕の友人に、会話で相手を笑顔にすることに長けている人がいます。

彼はギャグセンスがある・トークが上手いなど、特別おもしろいわけではありません。ただ、話を聞くのが上手なんです。

僕もよく、聞き上手な彼と会って話をしますが、まーー彼と話すのは気持ちがいい!何気ない話であっても、話し終わったあとの爽快感が大きいんです。

そんな「聞き上手」な友人を見て、「なにが他の人と違うんだ?」と、僕なりに考えてみました。

「スポンサーリンク」

聞き上手な人の4つの特徴

1. 話を最後まで聞いてくれる

人って話を最後まで言いたい生き物だと、僕は思うんです。

自分が伝えたいボールを投げたら、相手にはグローブでしっかりキャッチして(最後まで聞いて)ほしい。途中でバットに持ち替えて、打ち返す(意見・アドバイス)なんてせずに。

いや、もちろん相手の話を聞いている途中で、つい意見をしたくなる気持ちも分かるんですよ。まさに僕がそうでしたから。

でもその衝動をぐっとこらえて、言いたい欲求よりも相手の話を最後まで聞く方を選ぶ。その後、最後まで聞いてから意見やアドバイスを言い出す。

そうすることで、話し手は聞き手がしっかり聞いてくれたことに喜びます。さらに聞き手側も話せるので、コミュニケーションが成立します。

実際ぼくの聞き上手な友人は、最後まで話を聞いてくれて気持ちが良かったです。

2. 相づちやリアクションの大きさがちょうどいい

相づちやリアクションって、相手の話を聞いていることをアピールする1番の方法ですよね。

この2つがなかったり、小さかったりしたら「話を聞いてるのかな」と不安になります。

でも、大きけりゃいいって話でもないんですよね。大きすぎたら、なんだかわざと臭く感じてしまいます。

聞き上手な友人はこのどちらでもなく、中間の「ちょうどいい」を行っています。

わざと臭く感じないギリギリの大きさの相づちとリアクション。

僕は相づちとリアクションの両方が小さかったので、友人を見習い、最近は意識的に大きくしています。

3. 質問が上手い

質問をすることで会話が成り立つと言ってもいいくらい、コミュニケーションにおいて質問は欠かせません。

質問が上手な人が相手だと、会話がスムーズに進みます。

聞き上手な人って質問をするタイミングは当然のことながら、質問の内容までドンピシャなんですよね。

こちらがもっと喋りたいこと・聞いてほしいことをピンポイントに質問してくれる。

これが質問上手であり、聞き上手な人の特徴だと思います。

4. 聞き手側の話す量が、圧倒的に少ない

これ、友人と話していて気づいたというか、思い出したんです。以前読んだ本に書いてあったことを。

相手の方が2倍話せば、相手は満足する

人と話をしたあとに満足度が高く、充実感があるのは、話した割合(量)の多い人の方です。人はだれもが自分のことを話したい、聴いてもらいたいと思っています。ですから、逆に会話のなかで相手を満足させ、相手に充実感を与えるためには、自分が話す2倍、相手の話を熱心に聴いてあげましょう。

『「聴く」技術が人間関係を決める』 より引用

本当にその通りだなと思いました。

実際、僕は友人の2倍以上話していましたし、スッキリとした爽快感(充実感)を味わっています。

友人がこの本の内容を意識的、もしくは無意識的に行なっていたかは分かりません。

ただ分かるのは、友人のような聞き上手な人の真似をすれば、僕も聞き上手になれる可能性があるということです!

最後に

聞き上手になって、多くの人々とコミュニケーションを取りたい人、相談を受けたい人いると思います。

そんな人は、まず上の4つを極めて、僕の友人のように相手に充実感を与えられる人になりましょう!

今回ブログにまとめたいことはこれくらいです。それでは。

この本はスーパーでたまたま手に取ってみたんですが、思いのほか勉強になることがたくさん書かれていました。聞き上手に興味のある人は、1度読んでみるといいかもです。

あとがき
「話し上手は聞き上手」といいますが、僕としては「コミュニケーション上手は聞き上手」の方がしっくりきます。僕も聞き上手をマスターして、信頼関係を深めていこうと思います。
「スポンサーリンク」

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!