「あの人に言ったら、こう思うだろうなぁ」は、けっこう的外れだったりする

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!

「あの人に言ったら、きっとこんなことを思うだろうなぁ」って、頭の中で想像することありますよね。

プラスな想像は良いんですが、マイナスな想像だとそのせいでなかなか行動に移せなかったりとか、あるあるだと思います。僕も、主にマイナスの面で想像する事がたまにあります。

でも最近「こんなこと考えるだけ無駄だよなー」と、考えを改め出しました。

というのも、実際に言ってみたら、想像していたのと違う反応が返ってくることが、けっこうあったからなんです!

マイナスな想像をしたら言いづらくなる

この記事を書くきっかけとなった、アニメ「NEW GAME!!」5話の会話から引用させていただきます。

ゆん「はぁ~・・言いそびれてしもうたぁ。どないしよ。間に合わんかったら、ひふみ先輩どないな顔するんやろ。これが八神さんやったら、軽く叱ってくれて終わりやのに」

ゆんが想像したひふみ「(私の管理がダメダメだからだね・・。ごめんなさい)」

ゆん「あかんあかん。タイミング的にもう言えへんよ!間に合わせるしかない!!」

~中略~

ひふみ「モデルの提出、大丈夫そう?」

ゆん「う・・・ごめんなさい。無理そうです!」

ひふみ「・・・」

ゆん「いや、ホンマははよ出社しようと思っとったんですけど、いろいろ用事があって・・その」

ひふみ「ううん、怠けてるなんて思ってないよ。でも遅れの原因も、一緒に考えようか」

ゆん「あ・・・」

ゆんさんはゲームのモデルを提出するのが遅れていて、わけあって、その旨をひふみ先輩に伝えられませんでした。もし伝えると、ひふみ先輩が落ち込むと想像したので、伝えづらかったんですね。

しかし実際に言ってみたら、結果は意外な反応でした。想像していたのとは真逆で、ひふみ先輩は正面から受け止めてくれたんです。

自分から見たその人のイメージでしかない

「あの人に言ったら、きっとこう思うだろうなぁ」というのは、自分がその人と接して構築したその人のイメージでしかありません。

でも、そのイメージは本当に確かなものなんでしょうか?

もしかしたら、自分はその人の一面だけしか見ていなく、まだまだ自分が知らない一面があるかもしれませんよ。

1.上司はいつも顔にシワが寄っていて、仕事中は誰に対しても厳しい人だ。

2.仕事終わりにその上司に誘われ、居酒屋に行った。すると、いつもの上司とは明らかに違った柔らかい表情で、自分の相談に乗ってくれた。

(1.)の上司しか知らない状況だと、ただでさえ言いづらいことが、なおさら言いづらくなりますよね。しかし、(2.)のような温かい一面を知っていたら、(1.)のときより断然言いやすいと思います。

「とりあえず言ってみる」という精神

言おうか言うまいか悩むことがあったら、「とりあえず言ってみる」という精神を持つことが重要です。

「あの人に言ったら、きっとこう思うだろうなぁ」と思う前に、すぐに行動に起こす。行動に起こしてしまえば、不安や心配に駆られることもありません。

むしろマイナスなことを考えることで、自らの行動を制限してしまうまであります。考える時間ももったいないですしね。

この先言おうか言うまいか悩む状況になったら、とりあえず言ってみる!

とりあえず言ってみて、返ってきた反応から、自分の次の行動を考えても遅くはないと思います。

今回ブログにまとめたいことは、これくらいです。それでは。

「NEW GAME」は、ゲーム会社で働く女の子が主人公の作品です。アニメは安定していて、なかなか面白いです。僕は現在、原作本を買おうか検討中です。

あとがき
「とりあえず言ってみる」精神で、いろんな人と積極的にコミュニケーションを取りましょう!

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!