LINEを使ってるけど、ぶっちゃけあまり好きじゃないって話

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!

僕は、家族や友人との主な連絡手段として「LINE」を使っています。

LINEは、メールと比べて過去の履歴も見やすいですし、便利ですよね。

しかし僕はメールやLINEといった、文面でのコミュニケーションがあまり好きではありません。

なんというか、「良くも悪くもウソをつきやすい」んですよね。

それ以外にもいろいろと理由があるので、一通り書き起こしてみました。

嘘をつきやすいし、バレにくい

LINEのようなコミュニケーションツールの最大の利点って、会わなくても連絡ができることだと思うんです。

会わなくても約束を取り付けられるというのは、確かに便利です。

でも僕は、LINEって嘘をつきやすいんじゃないかなぁと思うんですよ。

人は、「目を合わせて話しているうちは嘘をつけない」と言います。

だから、目を合わせることのないLINEであれば、会って話をするときよりも嘘をつきやすい状況だと思います。

それに、よーく考えて返事をすれば、ついた嘘もバレにくいでしょうし。

100%中、75%くらいまでしか伝わらない

会って話したときの相手の伝わり度が100%とすると、LINEでの伝わり度はせいぜい75%くらいだと思います。ちなみに残りの25%は、相手の表情とイントネーションです。

この2つって、自分の本意を伝える重要な情報量だと思うんですよ。

仮に「へぇー」という文を送ったとしましょう。その「へぇー」は、

  • その話に興味を持ち、前のめりになって聞いているときの「へぇー」なのか。
  • 後ろに体を倒して、目も合わせず、スマホをつつきながらの「へぇー」なのか。

同じ「へぇー」でも、これだけテンションの高低がかけ離れた受け取り方があります。

自分は前者のつもりで送ったのに、相手が後者で受け取ってしまったら最悪ですよね。

だから僕は、LINEのような基本的に文章のみで会話をするツールは、相手に誤解を招きやすいと考えています。

まぁ、なるべく誤解を招かないために、絵文字やスタンプがあるんですけどね。

世間話は、会って、話して、笑いたい

LINEの魅力は、きっと世間話をすぐに友人とできることなんですよね。

でも僕は、世間話こそ会って話したいと思っています。

だって、直接会って笑い合いたいじゃないですか。盛り上がりたいじゃないですか。

お互いが楽しんでいるのを確かめ合って、さらに話し、盛り上がりたい。

もちろん、LINEで世間話をしている人を否定しているつもりは、まったくありません。

ただ、LINEでの会話で済ませていると、だんだん「会わなくてもいいや」という気になりそうで寂しいんですよね。あくまで僕の場合ですが。

最後に

上ではいろいろと書きましたが、僕はこれからもLINEを使い続けると思います。

なんだかんだ言って、便利なのに変わりはないですし、それにここまで浸透してるんですもんね。僕だけ使わなくなったら、そのほかのツールで連絡を取ることになるので、相手に迷惑が掛かってしまいます。

逆に言うと、メールと同等(それ以上?)に広まっているLINEって、やはりすごいと思います。

今回ブログにまとめたいことは、これくらいです。それでは。

あとがき
文字に書き起こしてみることで、LINEとの向き合い方を考えさせられる良い機会になりました。

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!