背中ニキビ

ルフィーナは合成着色料フリー | 低刺激で安全に背中をケアできる

絵の具のついたパレット

あなたは、「ルフィーナには着色料が含まれているのかな?」と疑問を持って、この記事に来たのではないでしょうか?

そんな人に向けて、今回は「ルフィーナの着色料の有無」について詳しく書きました!

 

結論から言いますと、ルフィーナは天然着色料は使われていますが、合成着色料は無使用でした!

合成着色料フリーなため、ルフィーナは安全性が高い化粧品と言えますね。

 

この記事を読めば、合成着色料が含まれていることの悪影響と、ルフィーナの安全性がよーくわかると思います。

それではまず、天然着色料と合成着色料の違いから見ていきましょう!

天然着色料と合成着色料の違いって?

蓋が開いた保湿クリーム

 

冒頭でも書いたとおり、ルフィーナは『合成着色料』を使わずに作られています。

合成着色料を使わない代わりに、『天然着色料』を使っているんですよね。

 

天然着色料とは、自然由来の物質から抽出した色素のこと。「クチナシの実」が、天然着色料の原料として有名です。

一方の合成着色料は、化学的に合成された着色料のことを指します。合成着色料については、次の項目で解説しますね。

 

これらの着色料を化粧品に使う目的は、ざっくり言うと「見栄えをよくするため」です!

見栄えをよくすることで、消費者の購買意欲を高めようという狙いなわけですね。

 

個人的には、食べ物ならともかく、化粧品は効果が1番重要なので、見栄えにはこだわらなくていいんじゃないかと思いますw

合成着色料は天然着色料より危険性が高い!

絵の具がついたパレット

 

大体イメージできているかもですが、この2つの着色料のうち、合成着色料のほうが危険性が高いです!

天然着色料は動植物が原料なのに対し、合成着色料は石油を原料として生産されているからですね。

まぁ「天然だから安心!合成だから危険!」というのは安直なんですけど、合成着色料に危険性があるのは紛れもない事実です。

 

ちなみに、合成着色料は危険性が高いと言われるのは、合成着色料の1つである『タール色素』が原因でした!

合成着色料の1種『タール色素』は肌トラブルの元

絵の具のパレット

 

タール色素は石油から作られる着色料で、「赤色〇番」「青色〇番」と表記されています。

化粧品に使っていいタール色素のほとんどは毒性があるため、食品には使われていません。

 

で、このタール色素が入った化粧品を使用すると、「肌トラブルを引き起こす」可能性があるんです!

 

具体的な肌トラブルは、①シミなどの色素沈着 ②皮膚の炎症 の2つですね。

また、敏感肌の人が使うと「アレルギー症状を引き起こす」とも言われていました。

 

シミなどの色素沈着、皮膚の炎症、そしてアレルギー症状、これらの可能性がある合成着色料(タール色素)いりの化粧品を使うのは、肌をきれいにする目的から外れているように思います。

 

合成着色料いりの化粧品は安価で手に入りやすいですが、本気で肌トラブルを解消したいなら、お金を多めに出して天然着色料のみの化粧品を買うべきです。

【ルフィーナ】天然着色料は低刺激で安全!

白いワンピースの女性

 

ここまで読んだ人なら、合成着色料が肌に悪い影響をもたらすことが分かったと思います。

合成着色料の話題に続き、こちらでは、ルフィーナのような「天然着色料のみの化粧品を使うメリット」を紹介しますね。

 

天然着色料のみの化粧品を使うメリットは、合成着色料に比べて「低刺激」なことです!

低刺激なため、肌への負担を少なくすることができ、ターンオーバーを妨げません。

 

ターンオーバーを正常に働かせることは、背中のニキビやシミを消すのに超重要な役割ですからね。

ターンオーバーを妨げないためにも、比較的刺激が小さい天然着色料のみの化粧品を選ぶことをおすすめします!

 

>> ルフィーナを今すぐ使用する

【まとめ】合成着色料フリーのルフィーナは安全性◎

合成着色料の肌への影響、おわかりいただけたでしょうか。

合成着色料(タール色素)が入った化粧品を使用すると、皮膚が炎症したり、シミなどができやすかったりします。

シミを治す化粧品を使っているのに、逆にシミができてしまっては本末転倒ですよね(笑)

 

しかし、ルフィーナには合成着色料が一切含まれていないので、タール色素による皮膚の炎症とシミなどの色素沈着を心配する必要がありません!

 

安全性が高く、確実に背中ニキビやシミをケアできるルフィーナ、今年の夏までに背中をきれいにしたい人は、ぜひ試しに使ってみてください。

なお、ルフィーナの詳しい効果はこちら(ルフィーナの背中ニキビの効果 | 背中ニキビが短期間で治る理由)に記載しているので、こちらも合わせて参考にしてください。

 

\ ルフィーナは敏感肌の人でもOK! /

>> ルフィーナを今すぐ使用する

あわせて読みたい