読みやすい文章を書くなら、文を短くすることが効果的

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!

「スポンサーリンク」

僕は文章を書くときに、「文を短くする」ように意識しています。文を短くすると、読みやすい文章になるからです。

今回は、読みやすい文章を書くために、一文を短くすることの重要性を紹介していきます。

「スポンサーリンク」

情報量を少なくでき、読者の負担を減らせる

一文を短くすることで、わかりやすい文章になります。一文を短くすることで、情報量を少なくでき、読んでいる人の負担を軽減できるからです。

『例題』

✖ 私の高校生活は部活動の朝練からで、一時間目が始まる20分前まで行ない、授業を受けるのだが、今日はなんだか体調がすぐれないから、朝練は休んで病院に行ってから学校に行くことにした。

○ 私の高校生活は、部活動の朝練から始まる。一時間目が始まる20分前まで行ない、授業を受ける。しかし、今日はなんだか体調がすぐれない。だから、朝練は休んで病院に行ってから、学校に行くことにした。

どちらの文章がわかりやすいか、一目瞭然ですね。

悪い例題は、読点を大量に使って長い一文になっています。一文の情報量が多いので、読んでいる人が疲れてしまいます。

逆に良い例題は、一文一文がスッキリしていて、テンポよく読み進められます。「テンポよく」というのも、読みやすい文章に大切なことですよね。

満足感を与えやすい

一文を短くすると、読んでいる人に満足感を与えやすいです。

人って、文を読み終わるごとに「ここまで読んだ」という感覚を得ると思うんですよ。その感覚を多く与えるという意味でも、一文を短くすることは効果的です!

僕は集中力があまり続かないので、長い文章を読むとすぐに飽き、読むのをやめてしまいます。でも、一文が短かったら「ここまで読んだ」という満足感が得られ、読み続けることができます。

一文を40字以内に収める

「文を短くする」といいますが、結局のところ、一文は何文字くらいがいいんでしょう?

僕は、なるべく一文を40字以内に収めるよう努力しています。たまに文字数オーバーすることもありますけどね(笑)。

僕は文を短くすることを意識し始めて、「この”こと”や”ような”は省いても大丈夫だな」なんて発見がありました。発見があると、自分が成長している気になれて、楽しくなります!

あとがき
まだまだ粗雑な文章ですが、これからも努力を続けていきます。そして、1人でも多くの人の心に届く、そんな文章を書きたいです。日々精進あるのみ、です。
「スポンサーリンク」

▼あなたのシェアで僕の心が潤います!