きゅうり炒めがまずい3つの理由【ベチャッとした食感?】

豆乳シチューがまずい3つの理由【風味が苦手?】

悩む人

悩む人

  • 豆乳でシチューを作るとまずいって本当?
  • 実際に食べた人の生の声が聞きたい!

豆乳を使って作るクリームシチューは、牛乳よりもさっぱりしており、具材の味わいを楽しめるのが魅力です。

そんな豆乳シチューですが、X(旧Twitter)では味がまずいという声が上がっています。

そこで今回は、豆乳シチューがまずいと言われる理由と実際の口コミをまとめました!

この記事でわかること
  • 豆乳シチューの口コミは基本的に好評
  • 豆乳シチューがまずいと言われる理由は3つ↓
  • ①豆臭い
  • ②味が薄い
  • ③見た目が悪い

あなたが豆乳シチューを食べた人の意見が聞きたいなら、この記事を読んで損はありません。ぜひご覧ください。

豆乳シチューがまずい3つの理由

豆乳シチューの口コミを見てみると、美味しいと満足している人がほとんどでした!

しかし中にはネガティブな意見もあり、次のような理由からまずいと言われています。

まずい理由①:豆臭い

豆臭い

豆乳でクリームシチューを作ると、臭みが強くてまずいと感じることがあります。

臭みの原因は豆乳がもつ大豆臭。大豆の青臭いニオイが苦手な人は一定数います。

豆乳の大豆臭は、ローリエ・パセリ・味噌などを入れることで抑えられる!

なので豆乳シチューを作るときは、上記の材料でニオイ消しを図るといいでしょう。

まずい理由②:味が薄い

味が薄い

豆乳でクリームシチューを作ると、味が薄くてまずいと感じることがある。味がうすい理由は、豆乳は牛乳に比べて味があっさりしているからです。

牛乳よりあっさりしたもので作るので、味が薄くなるのは当然ですよね。

そのため牛乳で作った時とおなじ味を想像して食べると、ガッカリするかもしれません。

ちなみに味が濃い豆乳シチューを作るなら、糖分が入っている調整豆乳を使うか、無調整豆乳に砂糖を足すのが有効です!

まずい理由③:見た目が悪い

見た目が悪い

豆乳でクリームシチューを作ると、豆乳がモロモロに固まってまずそうに見えます。

モロモロになる原因は豆乳の分離です。豆乳を加熱しすぎるとタンパク質が分離し、まずそうな見た目になってしまいます。

「料理は見た目が9割」と言いますからね。豆乳でシチューを作るときは、分離しないよう豆乳の加熱時間を短くしましょう!

豆乳シチューの口コミ

豆乳シチューの口コミ
  • 豆乳シチューまろやかで美味しい
  • シチューにすると豆乳のクセが消えて美味しい
  • 牛乳の代わりに豆乳入れてみたけど全然問題ない
  • 豆乳苦手だけど豆乳シチューやグラタンは好き

豆乳シチューの口コミを見てみると、好評の声がおおく寄せられていました!

中でもよく目にしたのが、「豆乳苦手だけど豆乳シチューは好き」という口コミです。

豆乳をそのまま飲むと独特の風味が気になりますが、シチューにするとクセが減って食べやすくなります。

そのため豆乳シチューは、豆乳が苦手なヒトでも美味しく食べられる料理といえますね。

豆乳シチューの特徴

豆乳シチューには次のような特徴があります!

1つずつ丁寧に紹介しますね。

(1) クリーミーでまろやかな味わい

クリーミーでまろやかな味わい

豆乳のシチューは、牛乳で作るよりもクリーミーでまろやかな味わいに仕上がります。クリーミーな理由は、牛乳が動物性食品なのに対し、豆乳は植物性食品だからです。

シチューにすれば、豆乳独特のクセが減り、豆乳が苦手な人でも食べやすいのもGOOD!

豆乳シチューはやさしい口当たりで、牛乳シチューとはまた違った美味しさを楽しめることでしょう。

(2) 牛乳のシチューより栄養満点

栄養素牛乳豆乳
カロリー61kcal43kcal
たんぱく質3.3g3.6g
炭水化物4.8g2.3g
脂質3.8g2.8g
食物繊維0g0.9g
カルシウム110mg15mg
0mg1.2mg
出典:日本食品標準成分表(八訂)増補2023年 ※可食部100gあたりの含有量

豆乳と牛乳のタンパク質の含有量はほとんど同じ。しかし、カロリーと脂質は豆乳のほうが低いです。そのため豆乳の方がヘルシーで健康的といえます。

また、豆乳には牛乳に含まれていない栄養素がごまんとあります。食物繊維や鉄、大豆イソフラボンなどです。食物繊維と大豆イソフラボンは、美肌効果が期待できます。

このことから豆乳のシチューは、牛乳で作るよりもヘルシーで栄養満点といえるでしょう。

豆乳シチューの人気レシピ

豆乳シチューの人気レシピ
材料 (2人分)
  • 鶏もも肉:100g
  • にんじん:1本
  • じゃがいも:2個
  • 玉ねぎ:1個
  • ブロッコリー:1/2個
  • コーン缶:1缶
  • 豆乳:500ml
  • クリームシチュールー:60g
  • サラダ油:大さじ1
  • 水:300ml
作り方
  1. 5種類の食材を食べやすい大きさに切る
  2. フライパンで鶏もも肉を炒めた後、玉ねぎを加えて色がすき通るまで炒める
  3. にんじん・じゃがいも・ブロッコリーを加えて炒めたら、水を入れて中火で20分ほど煮込む
  4. コーン缶・豆乳・シチュールーを入れ、ひと煮立ちしたら完成

参考:豆乳で!基本のクリームシチュー 作り方・レシピ|クラシル

豆乳シチューに関するよくある質問

豆乳シチューに関するよくある質問

豆乳シチューに関するよくある質問はこんな感じ↓

Q1.豆乳を分離させない方法は?

豆乳は沸騰すると分離します。

逆に考えれば、煮込みすぎなければ分離しないので、火加減に気をつけましょう。

Q2.調整豆乳と無調整豆乳どっちがいい?

これは好みの問題なので、どちらでもOKです!

大豆の風味を楽しみたかったり、美容と健康を意識するなら無調整豆乳がおすすめ。シチューに甘みとコクを出すなら、調整豆乳がおすすめですよ。

豆乳シチューがまずい理由まとめ

今回は豆乳シチューがまずいと言われる理由を紹介しました。最後にもう一度、まずい理由をおさらいしましょう!

豆乳シチューがまずい理由
  • 豆臭い
  • 味が薄い
  • 見た目が悪い

このような意見はありますが、豆乳シチューは大豆独特のクセが少なく、豆乳が苦手なヒトでも食べやすいです。

牛乳で作るよりもクリーミーで美味しいので、豆乳が好きな人にはもちろん、苦手な人にもオススメですよ。この機会にぜひ作ってみてください。

以上、『豆乳シチューがまずい3つの理由【風味が苦手?】』でした!

カテゴリー:
関連記事