きゅうり炒めがまずい3つの理由【ベチャッとした食感?】

肉なしカレーがまずい3つの理由【味に飽きやすい?】

悩む人

悩む人

  • 肉なしカレーはまずいって本当?
  • 実際に食べた人の生の声が聞きたい!

肉なしカレーとは、その名の通りお肉が入っていないカレーのこと。野菜メインで健康的、かつコスパに優れているのが特徴です。

そんな肉なしカレーですが、X(旧Twitter)では味がまずいという声がけっこう上がっています。

そこで今回は、肉なしカレーがまずいと言われる理由と実際の口コミをまとめました!

この記事でわかること
  • 肉なしカレーの口コミは賛否両論
  • 肉なしカレーがまずいと言われる理由は3つ↓
  • ①辛すぎる
  • ②コクが足りない
  • ③味に飽きる

あなたが肉なしカレーを食べた人の意見が聞きたいなら、この記事が参考になりますよ。ぜひご覧ください。

肉なしカレーがまずい3つの理由

肉なしカレーの口コミを見てみると、美味しいとまずいの声は賛否両論でした!

まずいと言われる主な理由は次の3つ。

まずい理由①:辛すぎる

辛すぎる

肉なしカレーは、辛味が強くてまずいと感じることがあります。

辛すぎる理由はお肉が入っておらず、スパイスの辛味がダイレクトに伝わるからです。

お肉が入っていると、脂の甘味によってカレーの辛味がやわらぐ!

このことから肉なしカレーは辛味が強く、辛いものがダメな人や小さな子どもが苦手なカレーといえます。

まずい理由②:コクが足りない

コクが足りない

カレーにお肉が入っていないと、コクが足りなくてまずいと感じやすいです。

コクが足りないのは、カレーにお肉の旨みや甘みがないから。要するに味に深みがないんですよね…。

なのでパンチの効いた濃いカレーが好きな人ほど、肉なしカレーの味にガッカリするかもしれません。

ちなみに肉なしカレーにコクを加えるなら、隠し味にチョコレートやインスタントコーヒーを入れるのがオススメです。

隠し味で手軽にコクを追加できるので、肉なしカレーに物足りなさを感じたときの参考にしてください。

まずい理由③:味に飽きる

味に飽きる

カレーにお肉が入っていないと、味に飽きてまずいと感じてしまいがち。味に飽きやすい理由は、味や食感の変化が少ないからです。

肉の力づよい旨味やゴロッとした食感があるのとないのとでは、満足感や病みつき度は段ちがい!

なので肉なしカレーは、1日だけならまだしも、2日以上続けて食べるものではない料理といえます。

肉なしカレーの口コミ

肉なしカレーの口コミ

ここまで肉なしカレーの悪い口コミを紹介しましたが、良い口コミもあります。

肉なしカレーには、次のような好評のコメントが寄せられていました!

  • 思ってたよりも美味しい
  • 牛脂で玉ねぎを炒めれば、肉なしでもうまい
  • 実家のカレーは肉の代わりにウインナー
  • 肉なしなら10皿分350円くらいで作れるからコスパ最強

上記の中でもよく目にしたのが、「コスパがいい」という口コミです。

肉なしカレーはお肉を買わなくていいため、家計に優しいです。が、そのぶん味が物足りなかったり飽きやすくもあります。

なので肉なしカレーは、味よりもコスパを優先したい人にオススメといえるでしょう。

肉なしカレーの特徴

野菜のやさしい味わいを楽しめる肉なしカレーには、次のような特徴があります!

1つずつじっくり解説しますね。

野菜の栄養たっぷりでヘルシー

野菜の栄養たっぷりでヘルシー

肉なしカレーはお肉が入っていない分、野菜がたくさん入っています。そのため野菜の栄養をたっぷり摂取できます。

カレーの定番野菜から摂取できる栄養素はこんな感じ↓

  • にんじん:βカロテン、カリウム、食物繊維等
  • 玉ねぎ:硫化アリル、ケルセチン、食物繊維等
  • じゃがいも:ビタミンB1、ビタミンC、カリウム等

お肉分のカロリーがなく、上記の栄養素を得られる肉なしカレーは、ダイエット中だったりヘルシー志向の人にオススメといえるでしょう。

食費が浮く

食費が浮く

肉なしカレーは家計に優しいです。お肉を買うお金が浮くからですね。

近年は野菜の高騰がさわがれていますが、お肉の価格も馬鹿になりません。そんなお肉を買わなくていいので、肉なしカレーはコスパがいいです。

したがって肉なしカレーは、味が物足りなかったり飽きやすいこと以上に、コスパを重視したい人にオススメといえます。

肉なしカレーの人気レシピ

肉なしカレーの人気レシピ
材料 (2人分)
  • にんじん:1/2本
  • 玉ねぎ:1/2個
  • じゃがいも:1個
  • カレールー:1かけ
  • 水:300ml
  • ごはん:お茶碗2杯
作り方
  1. にんじん・玉ねぎ・じゃがいもを一口大に切る
  2. 鍋ににんじん・玉ねぎ・じゃがいもを入れ、油がなじむまで炒める
  3. 水を入れて沸騰したら弱火で8分ほど煮込む
  4. カレールーを入れて混ぜ溶かし、とろみが付いたら弱火で3分ほど煮込む
  5. 器に盛りつけて完成

参考:野菜の旨味が溶け込む♪ お肉を使わない野菜カレー|DELISH KITCHEN

肉の代わりに使えるカレー食材

肉なしカレーがまずいと感じる理由の1つは、コクや食べ応えが物足りないことです。

そこでこの項目では、お肉の代わりになるカレー食材を3種類まとめました!

特徴を見て良さそうに感じたら、ぜひお肉の代わりに入れてみてください。

ウインナー

ウインナー

ウインナーは代用品の中でも、お肉の味にちかい食材です。

カレーにウインナーを入れると、噛んだ瞬間にジューシーな肉汁と旨みが広がりめちゃウマ。

お肉と比べて少々ジャンクな味ではありますが、カレーとしての満足感は高いですよ。

ツナ

ツナ

カレーにツナ缶を入れると、お肉とはまた違った旨味やコクが感じられて美味しいです。

お肉のような噛み応えはありませんが、クセになる味わいでいくらでも食べられます。

缶詰のフタを開けて入れるだけだから手間もかからないし、何より経済的!

手軽にカレーに旨味とコクをプラスするなら、ツナ缶を選びましょう。

豆腐

豆腐

豆腐はひき肉の代わりに用いられることが多いです。

ふわふわしっとり食感の豆腐ですが、しっかり水を切り具材と一緒に炒めると、ひき肉のような食感を楽しめます。

豆腐は低カロリー 高たんぱくでヘルシーなのもGOOD!

なのでアナタが食べ応えとヘルシーを両立したいなら、キーマカレーのお肉の代わりに豆腐を使うといいでしょう。

肉なしカレーがまずい理由まとめ

今回は肉なしカレーがまずいと言われる理由を紹介しました。最後にもう一度、まずい理由を振り返りましょう!

肉なしカレーがまずい理由
  • 辛すぎる
  • コクが足りない
  • 味に飽きる

このような意見はありますが、肉なしカレーは野菜の栄養たっぷりで家計にも優しいです。

あなたが味よりもコスパを優先するなら、肉なしカレーがおすすめですよ。

以上、『肉なしカレーがまずい3つの理由【味に飽きやすい?】』でした!

カテゴリー:
関連記事